水漏れしやすい場所や水漏れの確認方法

水漏れしやすい場所や水漏れの確認方法 水道局から、水量をチェックした上で水漏れの疑いがあるという通知が来たご家庭もあるのではないでしょうか。急に水道代が高騰したら、知らないうちに家のどこかで水が漏れている可能性があります。特にたくさん水を使ったわけでもないのに水道代がおかしいなと感じたら、水漏れしやすそうな場所をチェックしてみてください。
漏れている水の量が少なく、トラブルの初期段階で発見できないこともあります。最初は少量であっても、徐々にひどくなる可能性もゼロではありません。定期的に水回りを点検することは、トラブルの早期発見につながります。


■水漏れしやすい場所

お風呂やキッチンなど、どの水回りの設備にもある蛇口や水栓がトラブルのもとになることが多いです。また、排水管の本体や、排水管と各パーツや床との接合部分からも水が漏れやすいです。
まずトイレでは、便器やタンクの本体、手洗い管などが挙げられます。キッチンでは、特にシンクの部分から水が漏れることが多いです。お風呂では、浴槽やシャワーホースがトラブルの原因となる場合があります。
水の通り道となる場所はたくさんありますが、これらの場所を目で見たり音を聞いたりして、水が漏れていないか点検しましょう。分かりやすい場所から一つひとつ消去法でチェックしていき、目に見えるどの部分からも異常が確認できないときは、床下の水道管や排水管が原因となっている場合があります。

■見えない場所で水漏れしている場合の確認方法
目に見えている場所で異常が発見できず、本当に水が漏れているか確認したい場合は、自分でできる確認方法として水道メーターをチェックするという方法があります。まず、家の中のすべての蛇口が閉まっている事を確認します。家族にも協力してもらって水道の利用を中止してください。次に、水道メーターをチェックします。水道メーターがある場所は、一戸建てであれば道路と建物の間、マンションであれば玄関ドアを出て横のあたりにあることが多いです。水道メーターのパイロットという箇所を確認します。小さいプロペラが付いている箇所を見てください。パイロットが回転していたら、水を使用している状態になります。すべての蛇口を閉めたのにパイロットが回転していたら、どこかで水漏れしていると判断できます。
この方法で異常が確認されたら、床下のように自分では確認がしづらい場所でトラブルが起きているかもしれません。

■水漏れを発見したら

インターネットで検索すると、自分でできる水漏れの修理法のページが出てきますが、不慣れな人が自分で修理するのは避けた方が無難です。例えば排水管から水が漏れていて、おそらくパッキンの劣化が原因であると考えられる場合、パッキンを交換すれば直ることが多いため、新しいパッキンや道具を買ってきて自力で修理しようとする人もいます。
しかし、交換作業でパーツを外す際や取り付ける際に失敗してさらに水が漏れてしまったり、パーツを破損してしまったりすることがあります。破損の場合はパッキンどころか、その部分を丸ごとを交換しなければならなくなる可能性も考えられます。業者に頼むと修理代が高くつきそうだと心配する人もいますが、パーツや道具を買いそろえたのに失敗するという可能性を考えれば、最初から水道修理業者に依頼するのが無難です。

■まとめ
水漏れ 修理業者の中には、フリーダイヤルで24時間修理の依頼を受け付けている業者もあります。出張点検が無料の業者なら、スタッフが自宅に駆けつけて無料で対応してくれます。場所と原因が特定できたら、修理の見積書を作成してもらえます。見積書の内容に納得できれば、すぐに修理を依頼することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース